忘れがちな不動産屋への仲介手数料

賃貸物件へ引越しをする時の費用として、意外とかかってくるのが不動産業者に対する仲介手数料だと思います。普通、部屋を探すときに見るのは家賃と敷金、礼金そして共益費などだと思います。それを見て大体の初期費用は計算できますが、その他に場合によってはクリーニング料や鍵の交換費用、書類作成費用などが加算されることもあります。それらは物件情報に記載されていることが多いですが、仲介手数料というのは記載されていることが少ない割に、結構な費用が掛かることが多々あります。私が知っている中では、基本的に賃料の50%を取るところが多いのではないかと思います。それより少ない場合は物件情報に記載されることがあります。例えば、仲介手数料25%だとか、定額の場合は実際の金額です。記載されるということは、それがお得な価格だからです。つまり、それ以下になることはほぼ無いと思っていいと思います。

不動産の仲介手数料について

不動産の仲介手数料について、お話ししたいと思います。仲介手数料は、不動産会社への成功報酬として払う料金になります。ですので、賃貸アパートやマンションを借りる時に支払わなければいけません。私の場合は、仲介手数料が無料の不動産会社でした。無料の場合がありますので、無料の会社を選ぶこともいいと思います。しかし、無料だと思って選ぶ時に注意が必要になります。しっかりと信頼出来る会社を探さなければいけません。きちんと話を聞いてくれて、希望に応えてくれるような業者を選ぶことをおすすめします。無料の他には、割引されるということがあります。賃貸アパートやマンションを借りる時に初期費用は結構かかってしまいます。ですので、出来るだけ安く借りることが出来るようにしましょう。一番大切なのは、信頼出来て安心して任せられる不動産会社を選ぶことだと思います。

不動産の仲介手数料について

不動産の仲介手数料について、書いていきます。不動産の売買や賃貸などの仲介をしてくれるのが、不動産会社で、売主や買主、賃貸人や賃借人から、これらの取引の手数料としていただくのが、仲介手数料なのです。仲介手数料は、それぞれから、取ったり、片方だけの場合もあるそうです。なんだか、不思議ではありますが、事実のようです。不動産会社の収益源になっています。家賃管理よりも、効率的かもしれないとは、思います。手数料が、安い会社もありますが、その場合には、片方だけの負担かもしれないと思います。私は、手数料が安い会社で、賃貸物件を決めた経験がありますが、手数料は安くても、上乗せでいろいろとかかるので、手数料だけでは、一概に言えないと感じました。比較検討をして、見積もりを出して比較した方が良いのではないかと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*