不動産会社の仲介手数料とは

不動産会社を通して賃貸住宅を契約した場合、仲介手数料がかかります。この仲介手数料とはどのようなものなのでしょうか。この仲介手数料とは、不動産会社に支払うお金で、大家さんとの間を仲介しもらった手数料として支払う金額になります。その為、賃貸契約が成立した場合に支払うお金になっています。その為、その契約がなくなった場合は支払う必要がありません。また、大家さんから直接賃貸住宅を借りた場合も支払わなくてよいお金になります。あくまで、仲介してもらった分の手数料として不動産会社に支払うお金になっています。この手数料の金額は、最高で1ヵ月分の家賃までと決まっています。本来ならば、この手数料は借りたい借主と、貸したい貸主が半分ずつ支払うのが良いのでしょうが、現実としては借主が全額負担していることが多いでしょう。

不動産屋さんで物件を借りる時に仲介手数料。

賃貸のマンションや店舗用の物件を紹介してもらって契約をするとき、あるいは分譲の中古、新築のマンションに戸建ての物件を紹介してもらって購入をするときに必ずかかる費用があります。また逆にマンションや戸建ても物件を貸す場合や売却をする場合にもかかる費用があります。日本では不動産を借りたり、購入する場合、そして逆に貸したり売却をする際に借りる側、買う側と貸す側、売却する側の間に不動産屋さんが間に入って話を進めてくれたり、双方が直接やり取りをするといろいろと手間がかかる所を仲介して手続きを進めてくれます。その双方の間を持って色々と手続きを進めてくれて結果的に契約に至ると、それまでの間に入って手続きをしてくれた作業代のような形で仲介手数料という物を支払います。賃貸であれば家賃の数十パーセント、売却、購入の際も同じように仲介手数料を支払うと言う決まりになっています。

不動産の仲介手数料のこと

不動産会社に支払う仲介手数料は、そのときによっては高いと感じることがあると思います。数万円しますし、その数万円がなかったら家具を購入したりできるのにな、と私も思っていました。ですが、いつも不動産会社の方は親身になって物件を探してくれたりするので、そのお礼として支払うと思えば、高く感じないようになるかと思います。たまに、仲介手数料が無料になるキャンペーンや、半額になるキャンペーンをやっている会社さんもあるみたいなので、事前に調べておくことも大切かもしれないです。私は一時期、不動産の仕事をしていたこともあるので、仲介手数料は高いとは感じなくなりました。敷金礼金に比べたら安いと思います。いくらくらいするのかを担当の営業さんに聞くことも大切だと思います。わからないことや不安なことはとにかく聞くことが一番だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*