不動産の仲介手数料は平均で3分の2

不動産の仲介手数料は、金額の3分の1.5です。2の所もあるでしょう。私のアパートの不動産屋さんは、そうだと聞きました。場所場所によっても違うので私の周りの例です。一軒家の借家を借りた時の仲介マージンが高くてビックリしました。あの時は約半分取られました。一軒家とアパートは違うのかもしれません。その時は親が払っていたので私も詳しく分からないのですが、半額取られたと言っていました。しかし、ちょっと急いで探して貰って何もかも急いで探して貰って見付かり入居する事が出来たので感謝しているので半額くらい何も気にならなかったのが私達の気持ちです。また季節も冬だったので色々大変だったと思います。なのでほんの気持ちです。といった感じでしょうか。時間のゆとりがあって探す場合と焦って探す場合は、時にはあると思います。そうゆう焦って探している時の不動産屋で頑張って家を探してくれている時は、不動産屋が神に見えるのです。

不動産における仲介手数料の仕組み

一般に不動産の売買を行う際に、仲介手数料というものが発生します。一般的に400万円以上の売買契約を行った場合、買主は売主に該当物件価格の3%+消費税を支払う形になります。つまり1,000万円の物件を購入した場合、約32万円もの手数料を支払う形になります。しかし、仲介会社が貰う手数料はこれだけではなく、ほぼ同額の手数料を物件の売主からも貰う形になります。つまりは、仲介会社は買い手・売り手から手数料を貰い、収益を得ています。最近では、仲介手数料無料を謳う仲介会社も増えてきています。これはつまり、買い手からもらえるはずの手数料を貰わないことで、買い手側はその分安く購入でき、諸費用を抑えたい顧客のニーズに合わせていることになります。同じ3,000万円の物件を購入しても、仲介手数料が不要であれば、本来支払うべき諸費用を100万円ほど節約できる形になります。不動産で行う取引は高額なものばかりなので、手数料とはいえ侮ってはいけないのです。

不動産の仲介手数料は、不要な場合が在ります。

不動産の売買契約や賃貸借契約をする場合、紹介業者等に対して報酬を支払うという意味を込めて仲介手数料を納付することがあります。これは、契約においてはよく見受けられることとなっています。また、この手数料ですが、成功報酬として支払うものとなっており、契約が不成立となった場合は利用者は業者に支払う必要はありません。この手数料は、上限が宅建業法で定められています。価格については法令に違反しない限りは業者では自由に取り決めをすることが可能となっています。賃貸の場合、毎月の賃料の額に相当する額とされています。また、一千万円の建物を購入した場合は、手数料は四十万円近いとされているそうです。なお、賃貸物件や運営サイトによっては手数料を不要としていることがあるそうです。これは、賃貸借契約や売買契約を費用負担を軽減したい人にとっては必見となっています。特に大手の業者の場合はその傾向が在るそうで、これは見逃せませんし、各種キャンペーンで実施することがあるのでその都度情報はチェックし、お得情報は記録しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*