不動産の仲介手数料について

不動産を購入する場合や売却する場合、または賃貸物件を借りる場合など不動産会社への報酬として支払うものは仲介手数料と呼ばれます。仲介手数料は上限が宅地建物取引業法で決まっておりますが、かなりの高額になります。例えば3000万円の売買物件の場合契約が成立したら物件価格の3%プラス6万円という金額が必要になってきます。賃貸ですと1ヶ月の賃料と消費税がかかります。しかし、このように仲介手数料は高いので最近は無料であったり半額など手数料を下げる業者も多くなっています。仲介料は物件を紹介してもらったり案内してもらったりするだけでは費用を支払う必要がありません。また、購入や賃貸の申し込みをしたが契約に至らなかった場合にも支払う必要がありません。あくまでも成功報酬になりますので契約に至った場合のみに発生する費用なのです。

不動産を借りる場合の仲介手数料

不動産物件を借りる際には、不動産会社へ仲介手数料を支払う必要があります。これは一般的には物件の家賃の1ヶ月分と消費税が上限としてかかります。最近は不動産会社によって仲介料が無料であったり半額などという会社もあります。また、借りる物件によって仲介料が変わる場合もあります。物件を借りる際の契約金は礼金や敷金の他、住宅の保険などもあり初期費用がかなり高くなりますので仲介料が安い物件は契約金を安くすることができるので、物件を借りる際には確認することをおすすめします。例えば同じ物件を借りる場合でも違う不動産会社に行くと仲介料が安い場合もありますので気に入った物件があったらその都度調べてから見学するのも良いです。調べる方法はインターネットのサイトで同じ物件を検索してみるとか、気に入った物件があれば個別に不動産会社へ電話やメールなどで事前に問い合わせをしておくという方法などがあります。

不動産売却の仲介手数料の金額

不動産を売却する場合にかかる費用として仲介手数料があります。不動産の売却をしたい場合、複数の不動産会社に依頼するか一社に依頼するか迷うことも多々あると思いますが、仲介料は複数依頼した場合でも売買契約に至った不動産会社だけに支払えばよいものです。売却の依頼をした場合、まず不動産会社は物件を見学し査定をしたり、媒介の契約を結んだりします。また、募集の依頼を正式にしたら物件の図面などの資料を作成してくれチラシをまいたりインターネットに募集の掲載をしたり様々な広告活動に入ります。基本的にこれらの活動費は売主が支払うものではなく不動産会社が支払うものです。最終的に売買契約が成立した場合に初めて売主がその不動産会社に仲介料を支払うことになります。不動産会社は買主からも仲介料をもらうことができますので、1件の売買契約をすると多額の報酬を得ることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*