不動産に払う仲介手数料が高い

家を借りたり購入する時に不動産を通して契約すると「仲介手数料」が掛かります。私はいつも、その仲介手数料がもったいない気がしてしまいます。いや、もちろんたくさん調べたり動いたりしてもらうので分からなくもないのですが。たまにキャンペーン中で手数料を取らない所もあったりするのです。賃貸で借りて住むなら敷金、礼金とかも掛かりますし無駄な出費は減らしたいところですよね。賃貸での契約でしたら分譲の時ほど不動産の人が動く事も少ないですし。逆に分譲で購入する時は、審査や書類などの関係で何から何まで多忙に動いてもらうので納得できるのですが。どうしても、賃貸のときだけは、無駄な出費のような気がしてしまい、ケチ臭いですが、手数料を取らない不動産屋を探してしまいます。その金額だけでも減らせたら、だいぶ出費が削れますもんね。

不動産の仲介手数料について

不動産取引には、必ずと言っていいほど仲介手数料が関係することが多く、賃貸物件の契約や、中古物件の売買においてもそれぞれ手数料が発生します。賃貸の物件においては、借主を探してきた場合は借主に対して賃貸契約における手数料をとることができ、貸主を探してきた場合においても貸主から賃貸契約における手数料をとることができます。借主と貸主を両方とも探してきた場合は両方から、決められた範囲内の手数料をもらうことができます。中古物件の売買に関する取引においても同様であり、売主としては買主を探してきた報酬として、手数料を、買主としては、物件を探してきた報酬として手数料を決められた範囲内でもらうことが出来るのです。このように不動産に関する取引には会社を通すことにより、仲介手数料が発生しますが、反対に会社を通さない場合は手数料は発生しません。賃貸物件の紹介サイトの中には、直接大家さんと住人を繋げるサービスのものがあり、その場合は手数料がかからないことを謳い文句にしています。

不動産広告では仲介手数料無料が狙い目

家を買いたいと不動産広告を探し始めると、最近は仲介手数料無料、というとても魅力的な文句を目にすることが増えてきました。買う側としては費用を少しでも抑えたいのでこれはとても嬉しいことですが、それでは仲介してくれている不動産屋さんはどうやって利益を得ているのでしょうか。通常、仲介手数料は売主と買主の両方から受け取るものですが、仲介手数料無料、となっている場合、このうちの買主側の手数料のみが無料となっているのです。仲介業者さんの手数料は確かに多少は目減りするのでしょうが、利益が全くなくなってしまうことはなく薄利多売、というやり方になるのですね。売れ残りで早く売ってしまいたいから手数料がかからないとか、瑕疵物件であるなどのネガティブな理由で無料にしているということは、ほぼないと思っていいと思います。ですので、ぜひそのような物件を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*